システム企画以降の進め方

システム企画以降の進め方

RFPを提示し、ITベンダーを選定した後は、通常、要件定義工程に入ります。要件定義工程では、システム企画工程での検討結果の確認と軌道修正を行いながらシステム要件を定義します。同時に、新業務の運用開始に向けた準備にとりかかります。システム構築そのものは、パートナーとなるITベンダーに多くを頼る事になりますが、決して”丸投げ”になってしまわないよう注意しなければなりません。

参考までに要件定義工程の進め方の一例を示します。ITベンダーによって名称は異なりますが概ね次のような事を定義します。

要件定義工程

新業務の検討

新業務の確認(必要に応じて新業務フロー等を修正)

機能要件定義

システム機能定義(システム機能一覧、システム機能概要定義、データフロー)、データ定義(データモデル、論理ER図、コード定義、データ一覧)、インターフェース定義(主要な画面・帳票の基本設計、画面・帳票一覧)、外部インターフェース定義(外部インターフェース一覧)

非機能要件定義

非機能要件一覧(性能、信頼性、可用性、拡張性、保守性)

アーキテクチャ概要設計

システム基盤概要設計(システム構成、システム方式)、アプリケーション基盤概要設計(アプリケーション方式設計)

移行・展開および運用・保守要件の定義

移行・展開要件定義、運用・保守要件定義

要件定義工程以降

基本設計、詳細設計、プログラミング、単体テスト、結合テスト、総合テスト、受入テスト、運用テストなどの工程があります。※発注先企業にって定義、名称は若干異なります。

 

参考文献

システムは作って終わりではありません。発注側の企業にとってはシステムが(とりあえず)完成してからが勝負です。では何に気をつけるべきか?何を知るべきか?

最低限「ITサービスマネジメント」についての考え方については知っておきましょう。上に紹介する本は、ITサービスマネジメントの入門書のようなものです。(SEの方には基本的すぎて面白くないかもしれませんが)

要件定義が終わってからでは遅いです。システム企画構想にとりかかる際に読んでおくことを強くお勧めします。