リーダーの仕事は決断すること

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る

決断することは難しい

決断とは難しいものです。考えを尽くし、先を読み、失敗に備え、熟考に熟考を重ねた上で決断します。判断ではなく”決断”しなければならない局面は、非常に難しい局面であるといえます。

人が決断を前にしたとき、3通りのタイプがあるように思います。

1つ目は、熟慮して決める人。
2つ目は、さして考えずにパパッと決める人。
3つ目は、いつまでも決めきれない人です。

3つ目の「いつまでも決めきれない人」は組織が大きくなるにつれ、多くなります。組織が大きいと、他の人がなんとかしてくれる事が多くなります。ですので、決めなくてもなんとかなってしまうのです。

判断力と決断力

「判断」とは、状況をみて、データやロジックを根拠として物事を決めることです。判断する力というのは、言ってしまえば同じ組織の誰がもっていても構いません。極端な話し、データが揃えば10人中10人が、同じ答えをだすような事柄だからです。

ところが「決断」は違います。「決断」というのは、データやロジックで読み取れないことを決めることです。10人いれば10人が違う答えを出すような類のことを決める、ということです。「皆と同じ答えにならない」ので大なり小なり不安がつきまといます。

リーダーの仕事は決断すること

リーダーの仕事は「決断し道を拓くこと」です。しかし、その決断が誤っていた場合その責任を問われます。ビジネスの世界ですから、なんだかんだで結果が全てです。

失敗したのであれば甘んじてその責を負わなければなりません。重要なのは一度の失敗でその先の道を閉ざしてしまうのではなく、再チャレンジする機会をいつもで設けておくことです。

決断できないリーダーは要らない

先ほどリーダーの仕事は「決断し道を拓くこと」といいました。そして決断の結果、失敗したら責任を負うとも。

「決断しないリーダー」達は決断しなければならない局面を先送りし、成り行きにまかせます。そこにマネジメントの意思はかけらも感じられません。ただ先延ばしにしているだけです。そして先延ばしにしていけば「決断したことによる失敗」にはなりえません。

(大抵はリーダーの下に位置する人たちが「決断」して局面を打開すべくもがいているのですが。)

明確な失敗にはなりにくいので、責任を問われることもありません。もちろん、あのとき決断すべきだった、と後からはいえますが、そのときの決断がどういう結果になっていたかは、誰にもわかりません。なので追求しにくくなります。

しかし、ここで「しようがない」で終わってしまっては話になりません。これからの時代、決断できないリーダーは不要です。態度保留でウロウロしている間の時間がもったいない。そうしている間に周りはどんどん進んでいくのです。失敗することによる学習効果も得られません。

決断力を鍛える

決断力のベースとなるのは判断力です。データとロジックで培った判断力の先に決断力を発揮する局面があります。そういうシーンを何度も体験することで、決断力は高まりますし、スジもよくなります。

判断力を全く駆使せずに何かを決めるのは、決断力とはいいません。目をつぶってダーツをなげているようなものです。そんな決め方もいただけませんが、データが揃わないといって、いつまでもウロウロしているのもよぬありません。

人間力とか胆力も重要ですが、組織にできることもあります。失敗しても再チャレンジできる環境をつくる。これが組織の役割だと考えます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る