推理小説にハマりました

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る

このところ読書量がガクンと落ちている。新しい知識を仕入れることよりも、これまでに仕入れた知識を使ったり再確認することのほうに興味が向いているからだと思う。

しかし、読書習慣は私の生活にしっかりと根付いており、なんでもいいから何か読みたい、という欲求は常にある。

そこで、普段は余り読まないものの、実は結構好きなジャンルである推理小説を読むことにした。

いわゆるミステリファンというほどに夢中になってなかったことが幸いして、未読の名作は山ほどある。例えば、アガサ・クリスティ「そして誰もいなくなった」など、実は読んでいない。

そんなわけで自らの読書欲を満たすべく、いくつかの推理小説を読んでみたのだが…

どれもこれもべらぼうに面白い。

もちろん自分なりに厳選した作品を読んでいるのだが、これほどにハズレがないと、今まで読んでいなかったことを後悔してしまった。

これまでは仕事関係の本を重点的に読んでいて、知識を仕入れる、整理することに夢中になっていたようだ。

だが、小説のように想像力をかき立てられる作品を完全に受け身で読むのも悪くない。しばらくハマってみようと思う。

参考までにここ数日の間に読んだ作品は、以下の通り。

  • 江戸川乱歩傑作選
  • ルームメイト
  • 十角館の殺人
  • クラインの壺

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る