【書評】ITアーキテクチャのセオリー

日本の企業は、とかくシステムに関する事についてはITベンダーに丸投げする傾向がある。依頼されたITベンダーは依頼された範囲内で最適なシステムは何かを検討する。その結果、全体感を欠いたままシステム化が進むことになり、部分最適化が進む。スパゲティ化したシステムはこうして生まれる。

全体感を欠く、とは、当該企業におけるITグランドデザインをもっていない、ということである。ITグランドデザインは中長期の視点をもって企画・構想されるべきであり、これは当事者である企業にしかできないことである。

ITベンダーのような外部の企業の協力を受けるのもアリだが、主体性を失ってはならない。その主な理由は次の2つである。

1つ目の理由は、外部の企業は当事者ほどには当該事業に対する知識と経験を有していないという事、2つ目の理由は、現実問題として、協力を求めることのできる外部の企業というのはごく限られてくるという事である。

2点目については補足が必要かもしれない。

「ITグランドデザインの企画・構想」というテーマで外部の企業に協力を求めるとして、思い出されるのは大手ITベンダーかITに強いとされるコンサルティング会社であろう。彼らに依頼するとかなりの金額がかかり、よほど資金に余力がないと依頼できない。

中には、システム開発案件の発注をちらつかせて提案という形で無償で全体像を検討させている企業もあるが、ロクなことにならない。ITベンダーが「売りたいプロジェクト」を売るための提案になるだけである。

また、いわゆるソフトハウスと称される企業は価格こそ大手ほどではないものの、これらのテーマに応えるだけの知識と経験が不足している(一般論。そうでない企業ももちろんある。少数だが)。

結局、自分たち自身でやるしかないのである。

***

かといって、ITグランドデザインの企画・構想のすべてを自前で行うというのもハードルが高い、というのも事実であろう。

そこで「主体性を保ちつつも、不足している知識や経験については外部に支援を求める」というのが現実解となる。

不足している知識や経験とは「ITグランドデザインの企画・構想の進め方やセオリー、テクノロジーの動向などに関する知識・経験」という事になるであろう。

この本では、その書名の通り、ITグランドデザインを企画・構想する上で避けては通れない「ITアーキテクチャのセオリー」が紹介されている。

誤解があるとまずいので念のため書いておくが、ITグランドデザインの企画・構想の「進め方」についてはほとんど触れていない(そもそも本書のスコープではない)。

***

このセオリーの中核をなす概念(中核概念、コンセプト)が、エンタープライズデータハブである。

従来型のITグランドデザインは「エンタープライズシステムの真ん中に基幹システムを据えて、その基幹システムと周辺システム、あるいは周辺システム同士が連携する」というものであった。

しかし、このやり方だとシステム間の関連(インターフェース数と言い換えてもよい)が爆発的に増えていく。

そこで「エンタープライズシステムの真ん中には基幹システムではなくエンタープライズデータハブを置き、システム間の連携はエンタープライズデータハブを経由して実現しましょう」という事が提唱されている。

エンタープライズデータハブは卸売業に似ている。エンタープライズデータハブを経由することで各システム間のインターフェース数を圧倒的に少なくできる。

エンタープライズデータハブそのものはデータを生成する機能を持たない。この点も卸売業に似ている。本書では「データハブは心臓であり、心臓は血液をつくらない」と表現されている。

エンタープライズデータハブを取り入れることで疎結合なシステムを実現し、ひいては変化に強く、ベンダーにロックインされにくいシステムを実現できるとしている。

しかし、言うは易しであり、エンタープライズデータハブの効果を享受するためには、例えば、共有化するデータは限りなく汎化するべし、メタデータをリポジトリで管理するべしなど越えるべきハードルも多々ある。

このあたりの具体論、具体的方法についてはほとんど記載されていない。「エンタープライズデータハブの思想をもつ市販のソフトもあるので、かつてよりは実現しやすいかもしれない」という旨の記述もあるが、著者には是非とも続編として具体論、具体的方法を紹介して欲しいところである。

「我が社のITはどうすべきか?」に思い悩んでいる人はもちろん、ITベンダーに属する人にも是非とも読んで欲しいオススメの一冊である。