システム開発投資における時間戦略

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る

システム開発投資で悩んでいる方はたくさんいらっしゃると思いますが、その悩みの内容は、最初の方は「とはいえ、そもそもどんなシステムが必要なのかうまく説明できない」であり、次に「社内の合意形成に時間がかかる」ということろでしょうか。

前者の悩みはITベンダーからの(有償・無償の)支援をうけることでなんとか解消されますが、後者は相手のある話しですからそう簡単にはいきません。

といいますか、悩むことがそもそも間違っていて、どうやっても時間がかかるものなのです。そこは悩んでも仕方がありません。時間がかかることを見越しておくしかありません。

検討に要する時間も開発に要する時間も同じ時間です。検討、というか、意志決定までにたっぷり時間を消費しておきながら、その分の遅れを開発で取り戻すべくやたら短い時間で開発させようとするケースがあります。たいていはロクなことになりません。

意志決定の立場にある方は、迅速な開発を求めるばかりでなく、迅速な意志決定が可能な仕組み・仕掛けを施しておかなければなりません。

システム開発投資における時間戦略はそこ(検討と意志決定)から始まっていると知るべきです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る