【Disc】至上の愛/ジョン・コルトレーン

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る

ジョン・コルトレーンの1965年(録音は1964年)のアルバム。ジャズの世界では超メジャーなアルバムです。もう語りつくされているのでしょうが、つい最近ジャズをききはじめた私が、これまでロックばかり聴いていた私がこの偉大なアルバムについて少しだけ触れてみたいと思います。

そもそもジョン・コルトレーンに興味をもつきっかけとなった曲は、Moment’s Noticeという曲なんですが、なんともいえないまばゆい青春のきらめきを放っている名曲です。この曲が発表された当時(1957年)、若者たちはこの曲に、ジャズに夢中になっていた・・・と伝え聞きました。それもわかります。すごくキャッチーな曲です。コルトレーンのテナーサックスも吼えています。

それから10年たらず後に発表されたアルバムが今回紹介するアルバム「至上の愛(A Love Supreme)」です。上で紹介したMoment’s Noticeとは全然違います。1曲が1曲が長いし。組曲なんですね。テーマも重い。くわしいことは知りませんが、コルトレーンの宗教的観念が全面にでたようです。コルトレーンは来日した時のインタヴューで「聖人になりたい(I would like to be a saint)」と言い放った人ですからね。宗教的なアルバムがでてもおかしくありません。

しかし私がこのアルバムに惹かれるのは、そういった理屈を抜きにして、サウンドがもの凄いことになっているからです。はじめて聴いたときは、1曲目の「ア、ラーブ、シュプリーム」という唱和(チャント)の印象がやたら強かったのですが、聴きこめば聴きこむほど、「これはよく構成されたアルバムだな、これはプログレだな」と思ったものです。

このアルバムには、通常盤に、ライブ+別テイク盤を加えた2枚組のデラックスエディションが存在するのですが、これがまた素晴らしいのです。ライブ盤なんて完全にプログレだと思うのです。主役がギターからサックスになっているだけでやっていることはプログレ的だなと思ったものです。組曲にしているくらいですからクラシカルな風味もあり、しかし(特にライブ盤は)ブラックミュージック独特のファンキーなリズムもあり、しかし、どこからどうみてもジャズだというアルバムです。

マイルス・ディヴィスの「KIND OF BLUE」とともにジャズの超名盤として語られることが多いようです。私はもちろん「KIND OF BLUE」も愛聴しています。「KIND OF BLUE」のクールな雰囲気も最高ですが、「至上の愛」がもつ、少しづつ違う世界にとんでいくような、狂気を思わせる楽曲、雰囲気もまた最高です。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る