ITサービスをマネージしない人々

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る

SIerからみたシステム開発の話。

システム開発プロジェクトを始めるとき、程度の差こそあれ、それなりにプロジェクト計画を立てWBSを策定し、これから我々がやるべきことを明確にします。しかし、よくWBSから抜け落ちるのがシステム運用に関することです。

主な関心ごとは、まずアプリケーション開発、次にインフラ構築になってしまいます。システム運用についても注意を注ぐべきなのですが、なぜか忘れられます。アプリケーションの開発は考え(設計)、手を動かし(製造)、確かめる(テスト)というプロセスであるのに対して、システム運用は、考え(設計)たら終わり、後はその通りに運用するだけ・・・と考えてしまうせいか(実際にはそんなことありませんが)「後ででもなんとかなる」と判断することが多いようです。

しかし、なんともなりません。いざシステムテストをはじめるときになって慌てるのです。通常、後工程は(前工程のあおりをくって?)時間がなくなっているものです。十分に考える時間がありませんから、その結果、行き当たりばったりでシステム運用に関するさまざまなことを判断(時には先延ばし)していきます・・・が、これでうまくいくならこんなに楽なことはありません。

システムテストや(短期間での)運用テストは乗り切れても、本稼動に入って1年もした頃に、いろんな問題(リソースが逼迫してヤバイ!とか何をどう監視しておけばいいかわからない・・・とか)が発生し大変な修羅場を迎えることになりかねません。

何度も何度もこういう現場を見てきました。最新のシステム開発の方法論やミドルウェアについて学ぶことも大事ですが、同じように、オーソドックスに、システム運用ということについてもっと意識を振り向けるだけで、上記のような、ある意味あほらしい、しかし悲しい修羅場は避けることができるように思うのですが・・・

ITサービスマネジメントのノウハウ・スキルが、トラブルの防止といった受身的な価値を提供するだけでなく、新たな収益源となるようなビジネスとしてもっとわかりやすく仕立てることができれば、皆がITサービスマネジメントに目を向けるんではないかと思っています。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る

カテゴリーIT