「運用でカバー」はどのようにして生まれるか

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る

ITベンダーは開発至上主義

情報システムは「使ってなんぼ」なのですが、どうも世の中の「情報システム構築プロジェクト」は「作る」ことに夢中になりすぎていて、「使う」事に対する検討が不足しているように思います。

なぜでしょうか。

ITベンダーにおいてはテストやシステム運用、カスタマーサポートではなく、システム開発こそが「花形」です。

この花形のポジションにいる人たちを中心にITベンダーという組織は運営され、結果、組織文化も「開発至上主義」的になります。

営業出身が経営トップになるとその会社は「営業より」になりますし、ものづくり出身者が経営トップになると「ものづくりより」になるのと同じです。

システムを作る人とシステムを使う人

システムを作る人がいれば、システムを使う人がいます。

「システムを使う人」というのは「システムで業務を回す人」と「システムを使える状態に維持管理する人(システム運用担当者)」のことです。

システムを使う事に対する検討不足、つまり業務やシステム運用に対する検討不足が、機能不足を招きます。

この手の機能不足は、システムを使い出してしばらくして判明するのですが、この頃になるとちょっとした機能(と思えるような機能。実際には”ちょっとしてない”事が多い。)であっても追加開発するのは簡単ではありません。

しかし業務は回さなければなりませんし、システムも運用しなければなりません。「機能がないからやりません」と言えるはずもありません。

そういうわけで「人手でなんとか」せざるをえなくなります。「運用でカバー」と言われているもののほとんどは、こうやって生み出されていまます。

機能の仕様だけでなく、機能の使い方についても議論する

システム構築を業とするITベンダーと違って、普通の企業(非IT企業)では、情報システムを構築する機会は限られています。中小企業ともなるとなおさらです。

したがって、いざ「システムをつくろう!」という時には、進め方から何からITベンダーに「おまかせ」状態になりがちです。しかし上述した通り、多くのITベンダーは「開発至上主義」であり「使う」ことについてはあまり考えてくれません。考えてくれないというより、どう「使う」かを考えるのは苦手なのです。

ではどうするか、といいますと、やはり自分で考えるしかありません。システムを使うのは(発注側の)企業なんですから、機能の仕様(振る舞い)だけでなく、その機能をどう使うかについてもどんどん発言してITベンダーとも議論するべきです。

実はITベンダーもそちらのほうが助かる場合もあります。後になって「機能不足だなんだ」「それくらいITのプロなんだから考えてくれてないと困る」と言われるより、先に言われたほうが対処するのも数倍楽です。ですので、遠慮することはありません。どんどん議論ぎましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る

カテゴリーIT