中小企業にIT部門がない理由

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る

中小企業のひとり情シス

情報システム部門などのいわゆるIT部門をもつ中小企業はまだ多くありません。

日経BP社が運営するIT系サイトであるIT-Proなんかでは、よく「これからのIT部門はかくあるべし」という記事が掲載されますが、前述の通り大半の中小企業にはIT部門といえる部署がありません。

幸か不幸かこれまでITの力を借りずに成長してきた企業は、ITに疎くなりがちですし、IT要員といえる人材もいません。

しかし、IT部門がないとはいえ、会計システムや販売管理システムくらいは導入されており、その関係で経理部や総務部の中で「比較的ITに詳しい人」が暗黙的に「IT要員」とみなされたりすることがあります。

これが「ひとり情シス」です。

「ひとり情シス」では、ITを生かすために必要な全体最適の視点を持つのは難しく、また、ITを運用するためのマンパワーも不足します。

IT部門をデザインする

通常は、システム化構想立案(IT戦略立案)というフェーズを設け、ITグラウンドデザインを描きます。ITグラウンドデザインとは、企業経営におけるITに関する青写真のようなものです。

このITグラウンドデザインの中で、IT要員・IT組織(の役割、体制、コストなど)について(も)検討します。

「ITについて検討しよう!」となると、企業の将来像、企業が抱える経営課題、対応方針や解決に向けた施策、具体的な機能範囲、機能仕様、そしてコスト、スケジュールなどが中心課題となりますが、この時、IT要員・IT組織についての検討が抜け落ちることがあります。

これは、検討の主導権をITベンダーに引き渡してしまっている場合に起こりがちなことです。「ITのことならITベンダーに相談しよう」というのはいいのですが、「何もかも」頼ろうとすると間違いが起きてしまいます。

「ITグラウンドデザイン」には”IT”という言葉がくっついてはいますが、「ITグラウンドデザイン」は、システムの話ではなくビジネスの話なのです。

ですので普通、ITベンダーは自分たちの守備範囲とは考えませんし、考えが及んだとしても言及することをためらいます。

私は「薬剤師問題」と呼んでいるのですが、(お医者さんから出してもらった)処方箋を片手に薬局にいったら、薬剤師さんから根ほり葉ほり症状を聞かれ、あげく診察・診断までされたら驚きませんか?これと同じことです。

「IT組織をどうデザインするか」という話をすっとばしてしまうと、「システムはできたが誰も使いこなせない」ということになりかねません。

新しく道具をつくるのなら、その道具を使う人や管理する人も育てなければなりません。

これからITを駆使して経営に活力を与えようと考える企業さんは、ITそのもの(システム)だけでなく、それを使う側についても、しっかりと検討いただきたいと思います。

おまけ

中小企業のIT部門をどうデザインするか?つまりどのような組織デザインとするか?は非常に難しい問題ですが、スモールスタートではじめて、アウトソーシングサービス等をうまく活用しながらIT要員を成長させる、ということを試行錯誤しながらやっていくのが現実的かと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る