プロジェクト計画書の体制図と役割分担

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る

プロジェクト計画書と体制図

それなりの規模システム構築となると、ほとんどの場合「プロジェクト計画書」なるものを準備することになります。「プロジェクト計画書」にはプロジェクトを円滑に運営するために必要な決まりごとやルールを記載します。

その中のひとつに「体制図」があります。

どんな体制、どんな指揮命令系統でプロジェクトに取り組むのかを明らかにしたものです。だいたい、箱の絵を使ったピラミッドで表現されます。これがあると誰が誰と深く関わっていくのかがわかりやすくなります。

この「体制図」は簡単に作れますし、主要なプロジェクトメンバーも一目でわかりますし、メンバーのスキルやノウハウについて知っていれば、実際にプロジェクトが進められているところをイメージしやすくなります。

役割が曖昧なプロジェクト

ところが、その体制にあてがう「役割」について何も記載されていないことがあります。

例えば体制図の箱には「プロジェクトマネージャー」とか「プロジェクトリーダー」という言葉が踊っていますが、その「プロジェクトマネージャー」の役割については何も書かれていない場合があります。プロジェクトリーダーやメンバーについても同じです。

これがいかに危険なことかは、わかる人にはわかると思います。

こうなると守備範囲が曖昧になってしまいポテンヒットが生まれやすくなります。

Aさん「あれ?コレってBさんがやるんじゃないんですか?」
Bさん「え、これはCさんの担当だと思っていましたが・・・」

みたいな話になってしまいます。

ちょっとした些細なタスクならいいのですが、これが、プロジェクトの方針を出すのは誰?方針を決定、承認するのは誰?というレベルの話になるとプロジェクトは混乱し、グレーな意思決定が積み重なって後でひどい目にあいます。

人に役割をあてるのではなく、役割に人をあてる

「体制」はそのまま「人の集まり」になって目に見えやすいのですが、「役割」は目に見えないせか、あいまいなままになりやすいのかもしれません。

先ほど『体制にあてがう「役割」』と書きましたが、そもそもこの考え方もちょっとおかしくて、本来はやるべきこと(役割)が先にあり、その役割に沿って体制を編成するように考えるべきかと思います。

プロジェクト計画書を準備するときも、体制図から考えるのではなく役割から考えるとよいでしょう。

参考文献

プロジェクトマネジメントに関する知識がない方が、いきなりPMBOKのガイドブック読もうとするとハードル高すぎます。高いしこれ英語だし。

最初は、堂々と入門書やこんな漫画風のものでもいいと思います。さくっと読めますし、投下時間に対する効果は高いと思いますよ。ほんとに。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る

カテゴリーIT