「アンテナを高くはれ」はもう古い?

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る

15年前のアドバイス

「アンテナを高くはれ」と先輩社員から言われたことはありませんか?私も社会人1年生の頃に言われました。「世の中の動きに敏感になれ」「情報戦で遅れをとるな」と。

ところで「アンテナを高くはれ」とだけ言われても、なかなか具体的な行動には移せません。

  • なぜ、アンテナを高くはらなければならないのか?
  • アンテナを高くはることで何がよくなるのか?
  • そもそもアンテナを高くはるとはどういうことか?

ということについて、自分なりの答えを持たなければ行動には結びつきません。

情報収集から情報発信へ

仕事をしていると、自分がいかにモノゴトを知らないかを痛感することがあります。そういう「無知」を認識してはじめて、勉強してみたり、ニュースサイトをチェックするようになります。つまり能動的に情報収集を行うようになります。

情報収集に長けてくると、短時間で多くの情報に触れることができるようになります。その過程で、自分にとってはさほど重要ではなくとも、仕事仲間のAさんやBさんにとって重要そうな情報を入手することもあります。

そうするとちょっと教えてあげたくなるわけですね。「Aさん、Bさん、こんな情報がありましたよ」と。情報収集のステージから情報発信のステージへ移ることになります。

情報発信の狙い

なんのメリットがあって情報発信しているのか。

単に「私はこんなこと知っているんだぜ!」のような自己顕示欲を満たすためということもあるのでしょうが、割りと実利的な狙いをもって情報発信を行っているのではないかと思います。

情報を、自分の考えとともに提供することで、自分の考えに対する意見(同意は反論)を聞ける場合もあります。このやりとりは緩やかな議論であり、モノゴトに対する理解を助けます。

また、個人のブランディングにもなるでしょう。例えばIT系のニュース・コンテンツのなかでも、特に運用サービスに関するネタを中心に提供していれば、知らない人でも「ああ、その道の人なんだな」とは思いますよね。

情報を使う

情報は実際に使ってナンボです。情報を集めて発信するだけでは役にたちません。

例えば補助金事業の公募のニュースがあったとしましょう。自社には関係ないニュースであっても、それが顧客に関係するニュースであれば顧客に教えてあげます。そして応募書類の作成作業を手伝ってあげます。もちろん”自社も一枚かむ”計画として応募するのです。採択されれば補助金を利用して顧客企業と自社との共同プロジェクトが始まります。両者の関係性は深まりますし、顧客企業にはメリットこそあれデメリットらしきデメリットはありません。

といった情報の使い方も考えられます。

情報が勝手に入ってくる

私が「アンテナを高くはれ」と言われたのはもう20年も前の話です。そのころの情報収集の王道といえば、まだまだ新聞・雑誌・テレビでした。しかし今はネットがあります。情報の量と流通速度は20年前とは比べ物になりません。アンテナなんか高くなくっても勝手に情報が入り込んできます。

問題は、自身にとって有用かつ質の良い情報だけを流入させる仕組みづくりです。数多ある情報源の中からどの情報源を選択するのか。もう新聞だけ読んでいればいい時代では(とっくに)なくなっています。

未だにSNSのひとつもやってない、というのは情報感度が低いと言わざるを得ません。ごはんの写真ばかりアップするのはいかがなものかとは思いますが、要は使い方ひとつなのです。

参考文献

いくら情報を集めてもうまく使えなければ宝の持ち腐れです。集めた情報をどのように取り扱い、またいかに活用するかについて述べられた古典です。1969年発行の本ですから、ペンとノート、カードなどがツールとして登場しますが、あくまでもツールであり、情報の取り扱いに関する本質は変わりません。オススメの一冊です。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る