システム構築の検討にみる中小ITベンダー生き残りのヒント

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る

なぜ、システム構築の検討は進まないのか

システム構築の提案に携わっていて「意外と多いな」と感じるのは、「システム構築の進め方」について思い悩んでいる企業が多いという事です。

セオリー通りのシステム構築のプロセスは、だいたい以下の通りとなります。

  • 企画フェーズ
  • 要件定義フェーズ
  • 開発フェーズ
  • 運用テストフェーズ
  • 保守フェーズ

システム構築に不慣れな企業は、いきなり開発フェーズから始めることを想像してしまいます。

開発フェーズは、開発すべきシステム機能をはじめとして、目指すべき性能・信頼性など(非機能)、アーキテクチャ、移行・展開の方針などが決まっていることが前提となります。

ところが、開発すべきシステム機能が決まっていないまま、開発フェーズに入ろうとしているために全体としての整合性や納得性が乏しくなり、その結果、プロジェクトに推進力が生まれなくなっているということがあります。

ちなみに、パッケージソフトウェアをベースとした小規模のカストマイズ・アドオン開発であれば、いきなり開発フェーズから始めることも不可能ではありません。

このあたりはケース・バイ・ケースなのですが、このケース・バイ・ケースを適切に判断するのもシステム構築に携わる人に求めれる重要な能力の1つです。

どんなところで思い悩んでいるのか

先ほどセオリーと書きましたが、このようなシステム構築のプロセスは、ネットで検索すればすぐに知ることができます。

しかしそれでも、思い悩んでいる企業が多い。なぜか。

  • そもそも「セオリーがある」ということを知る機会がない
  • 「セオリー」を頭で理解していても、実践することができない
  • 企画・要件定義フェーズの価値を実感できない(このフェーズの目に見えるアウトプットは”ソフトウェア”ではなく”紙(情報)”。紙切れだけにお金を出すのに抵抗感がある。)

こんなところでしょうか。

要するに、企画・要件定義フェーズが必要なときでさえ、それに踏み切ることができない・実施することができない、という点で逡巡しているのです。

中小ITベンダーの学習機会

地方の中小企業が情報システムについて相談するとなると、同じ地域の中小ITベンダーであることが多くなります。ところが中小ITベンダーの中には、企画・要件定義フェーズをやる機会に恵まれていない企業もたくさんあります。

地域の中小ITベンダーの主な仕事は大手SIerや元請SIerからの下請仕事だったりします。これらの仕事は開発フェーズ以降であることが多く、結果として、企画/要件定義フェーズのノウハウを蓄積する機会に恵まれません。

要件定義フェーズから参画することもありますが、業務要件の検討・定義を行う機会は少なく、元請のエンジニアが行った業務要件定義の結果をシステム機能として定義する・形にする仕事が主となります。やはり、企画/要件定義フェーズを主導するだけのノウハウの蓄積は困難と言えます。

予算も重要

それで、中小ITベンダーでは難しいかなということになり、大手ITベンダーに相談するのですが、大手ITベンダーが提示する費用は、中小ITベンダーが提示する費用よりもだいぶ高くなります。

当然その後工程(開発フェーズ~保守フェーズ)も、その大手ITベンダーに依頼する想定となりますので、小ITベンダーにお願いする場合と比べると、全体の予算規模はかなり違ってきます。2倍以上の差がでることは珍しくありません。

このような環境にありますので、企画/要件定義フェーズが必要となるシステム構築案件となるとなかなか話が進まず、案件自体が立ち消えになるのです。

中小ITベンダー生き残りのヒント

一方で、上記のような「話が進まない」という事態に陥らずに、システム構築・業務改善を成し遂げているケースもあります。

経済産業省 中小企業IT経営力大賞ポータルを見ると、ITコーディネーターやITに強いコンサルタントが、企業とITベンダーとの橋渡しを行いIT化を推進している事例が散見されます。

地方のITベンダー自身が企画/要件定義の力やIT化を推進する力を身につけているケースも少なからずあります。

これはシステム提案を前に推し進める上でのヒントでもあり、それにより仕事が取れるようになれば、中小ITベンダーにとっては生き残りのヒントとも言えます。

つまり、①ITベンダーは受身ではなく前のめりので企画/要件定義に必要な力を身に付けるか、②ITコーディネータのようなITに詳しいコンサルタントと提携し相互補完したビジネスをつくるか、のいずれか、またはその両方が考えられます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る