社内ルールを浸透させるには

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る

浸透しない社内ルール

何かを変えようと思ったら、何か新しいアクションをとらなければなりません。そのアクションの1つに社内ルールの新設・改訂があります。

ルールが存在しないことは、時に「社員の言い訳の材料」となります。

しかし、いくら社内ルールをいじったところで、そのルールに人がついてこなければ「空砲」にしかなりません。大きな音に驚いた鳥たちが、ワッと散って、しばらくしたらまた戻ってくる。そんなイメージです。

ほとんどの場合、ルールというものは基本原則に過ぎず、ほぼ間違いなく例外があります。例外があると、「ルールにないから」という(言い訳とともに)まともに対応してくれないことがあります。

その「例外」に対して「ルール」を設定することもできますが、全ての例外を想定することはできませんしキリがありません。また、過度なルール設定は、業務スピードを著しく犠牲にします。こうすると非効率的になってしまい、ルールを適用される側(現場)は、不平不満でいっぱいになります。

現場でルール策定はできない?

多くの場合、ルール策定は管理部門などの非現場部門で行われます。現場部門が自らルールを策定することはありません。普通、人は他人がつくったルールには抵抗を覚えるものです。

現場自身でルール策定ができればいいのですが、それも難しいでしょう。

理由の1つは「その権限がないから」です。得てして、組織のルールというものは、そのルールを守る人ではなく、守らせる人がつくるものです。

管理部門や経営陣に対して、ルールに関する提案ができればよいほうでしょう。しかし、提案しても、誤った受け取られ方をすると経営陣批判ともとられかねませんので、積極的に行う人は少ないと思います。

もう1つの理由は、「ルールの策定は『今期の業績』に(直接)関係しないから」です。現場部門のミッションは(当期の)売上・利益をあげることです。ルールの策定自体、は短期的には売上・利益には貢献しません。つまり「そんな暇ないよ」という事です。

ルールを浸透させるには「WHY」を共有する

ルールを浸透させるには、遠回りのようですが、ルールそのものではなく、なぜそのルールが必要なのかを共有することです。

つまり、

  • ルールの目的や背景はどういったものか?
  • ルールを守ることで何が達成できるのか?

について共有することです。

WHYを知り、ルールについて納得できた時にはじめて、「なるほど、このルールにはこういう意味があるのか。よし、これは守らなきゃな」となります。この時点で、「他人がつくったルールを守るというルールを」自分自身で決めた事になります。

人は自分自身で決めたルールは守ろうとするものです。

貴社の社内ルールで、「WHY」がよくわからないルールはないでしょうか?もし、あれば、そもそも何故こんなことを?と改めて考えてみてはどうでしょうか。

参考文献

新しく決めたルールを浸透させるという行為は、「会社を変える」という事にも通ずるものがあります。如何に人々が動かないかを体験するには、最高の本の一つだと思います。

あとこちらの本。上の「V字回復の経営」が有名すぎてこちらはあまり知られていませんが、こちらの本は経営戦略指南の風味がない分、組織論にフォーカスがあたっており、ルールを浸透させる事の困難さという点ではより生々しい描写になっているように思います。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る