SWOT分析の勘所

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る

SWOT分析は難しい

事業の見直しや新規事業の企画の際に、しばしば登場するのがSWOT分析です。

SWOT分析では、内外の事業環境を、S(Strong:強み)、W(Weakness:弱み)、O(Opportunity:機会)、T(Threat:脅威)の4つにわけて整理し、現状把握や方向性の検討を行います。

非常にわかりやすいということもあり、いろんなところで使われています。

しかし残念ながら、SWOT分析というフレーワークが提供する箱を埋めているだけの、単なる整理レベルに留まっていることが多いようです。

その原因は、次の2つではないかと考えています。

  1. クロスSWOTというフレームワークを知らない
  2. 強みか弱みかはSWOTでは決まらない

1.クロスSWOTというフレームワークを知らない

よくあるSWOTの図はこちら↓です。

image

状況を整理するにはよいフレームワークだと思います。

しかしこのフレームワークは状況整理以上の事、つまり「次に何をすればいいのか?目指すべき方向性はどこか?」には答えてくれません。

そこでクロスSWOTの登場です。こちら↓です。

image

マトリクスをつくって4つの象限にわけて、「では、どうするか?」を考えさせるフレームワークになっています。この「では、どうするか?」が重要であることは明白です。

 

2.強みか弱みかはSWOTでは決まらない

こちらの理由のほうがより重要なのですが、強みなのか弱みなのかは、SWOT分析では決定できません

例えば「規模が大きい」ということ1つとっておM、その企業が企図するビジネスモデルや戦略次第で、強みにもなれば弱みにもなります。

ここのところを理解しておかなければ、SWOT分析を行ってもモヤモヤとした気持ちのまま終わってしまいます。

SWOT分析の使い方

SWOT分析→3C分析→STP分析→4P分析→・・・という手続きを踏むことで、新しいビジネスデモルや戦略をつくりだそうとしてしまいがちですが、機械的に一定の手順を踏めばビジネスモデルや戦略が生み出されるわけではありません。

百歩譲って、そのような手続きを踏むことでビジネスモデルや戦略が生まれたとしても、競争優位性がどの程度あるかは疑わしいところです。

では、SWOT分析というフレームワークはどのように使うべきなのでしょうか。

私は、あくまでも整理やチェックのためのツールとして使うべきだと考えています。ビジネスモデルや戦略はある意味、知識、経験、勘、理念を総動員して考えるべきものです。そのようにして考え抜いたビジネスモデルや戦略を、一歩引いてチェックするためのツールがSWOT分析だと思います。

繰り返しになりますが、SWOT分析は現状把握やチェックツールのようなもので、そもそも、ビジネスデモルや戦略を自動的に創出してくれるものではないのです。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る

“SWOT分析の勘所” への1件の返信

  1. ピンバック: 思考実験上はどんどん失敗せよ、という話

コメントは受け付けていません。